HOME > 同窓会とは > 第55回理事会・通常総会報告

同窓会第55回理事会・通常総会報告

日 時:平成30年5月26日(土)13:30~14:50
場 所:府中キャンパス
理事会出席者:73名(内委任状34名)、総会出席者:229名(内委任状68名)

第55回理事会・通常総会議事録

 第55回理事会・通常総会は、5月26日(土)府中キャンパスで開催された。通常総会に先立って理事会が農学部本館第2会議室で開催され、滝山理事長を議長に選任した。議長から、特別会員の推薦、副会長の交代及び理事退任、名誉会長・名誉顧問及び顧問の推挙、同窓会法人化及び通常総会の議案の説明があり、承認された。
 通常総会の開催にあたって、千年副理事長から、出席者が定足数を超え通常総会が成立した旨の報告があった。能條会長から、出席いただいた方々に対するお礼と、有意義な討論のお願いの挨拶があった。続いて、大野学長をはじめ、来賓(梅田理事、岡山理事、島村理事、千葉農学府長、船田連合農学研究科長、畑中名誉会長、藤森名誉会長、小畑名誉顧問)の紹介があった。大野学長から、同窓会の支援に対する謝意があり、協力関係強化についてのお話があった。
 引き続き、千年副理事長から、通常総会の議長については、会則第35条に基づき能條会長が務める旨の説明があった後、会則第37条第2項により能條会長、畑監事、生原監事が議事録署名人となり議事に入った。

報 告

1. 特別会員の推薦報告の件
 滝山理事長から、資料に基づき、理事会で推薦された特別会員15名の報告があり、了承された。

議 事

1.平成29年度事業報告(案)の件
 滝山理事長から、平成29年度事業報告(案)【別記1】について提案説明があり、審議の結果、承認された。

2.平成29年度収支決算報告(案)の件
 滝山理事長から、平成29年度収支決算報告(案)【別記2】について提案説明があり、審議の結果、承認された。

3.平成29年度監査結果報告の件
 生原監事から、平成29年度の会計、事業・業務遂行状況及び個人情報の保護に関する取り扱いについて、適正に行われている旨の監査報告があり、了承された。

4.平成30年度事業計画(案)の件
 滝山理事長から、平成30年度事業計画(案)【別記3】について提案説明があり、審議の結果、承認された。

5.平成30年度収支予算(案)の件
 滝山理事長から、平成30年度収支予算(案)【別記4】について提案説明があり、審議の結果、承認された。

6.副会長交代及び理事退任(案)の件
 滝山理事長から、副会長交代及び理事退任(案)【別記5】について提案説明があり、審議の結果、承認された。

7.名誉会長・名誉顧問及び顧問の推挙の件
 滝山理事長から、名誉会長・名誉顧問及び顧問の推挙【別記6】について提案説明があり、審議の結果、承認された。

8.同窓会法人化の件
 滝山理事長から、同窓会法人化【別記7】について提案説明があり、審議の結果、承認された。また、設立時理事が承認されたのを受け臨時の設立時理事会が同会場で開催され、【別記8】の ように、理事長(設立時代表理事)、副理事長及び運営委員が選任され、その旨の報告が総会に対してあった。

9.その他の件
○同窓会ホームページの掲載内容について
 滝山理事長から、東京農工大学教員公募情報と学科別の教員に占める同窓生の割合を同窓会ホームページにアップする旨の報告があった。
○来年度総会について
 滝山理事長から、来年度の総会は平成31年 6月22日(土)か29日(土)のいずれかについて、大学側と調整をしていく旨の報告があった。

【別記7】同窓会法人化の件
○第55回総会で承認する事項
① 一般社団法人化定款・一部の下部規程
  (別添資料参照)
② 規則体系と規則整備手続き
  以下の2件を提案する。
  ・規則を定款・規則・規程・細則の順に順位付けし、体系化する。
  ・規則整備については、法人化後速やかに行い、修正については議論を重ね遅くとも2年以内に完了させる。(別添資料参照)
③ 会長・副会長の留任(法人化後第1回総会終結の時まで)
  (現行体制については、参考資料2参照)
④ 理事・監事・代議員の任期延長
 通常、第55回通常総会において、平成30・31年度の理事・監事及び代議員を選出しなければならない。平成30年10月1日には新体制の一般社団法人としてスタートするので、残り4ヶ月の期間の体制について、以下のことを提案する。

現在の理事・監事及び代議員の任期を平成30年9月30日まで延長する。
  (現行体制については、参考資料3参考資料5参考資料6参照)

支部からの要請による9月末日までの代議員交代(案)の審議
 同窓会会則第17条 → 「代議員は正会員の中から部会及び支部が推薦し総会で選任する」
 同窓会会則第14条第3項 → 「補欠のため、又は増員により就任した役員のは、それぞれの前任者又は現任者の任期の残任期間とする。」

<代議員の交代>
-支部-
 
山形県支部
  現代議員 伊藤 澄夫(製糸S46)  新代議員候補  大嶋 博之(植防S60)
 宮城県支部
  現代議員 菅野 昭(環保S53)   新代議員候補  相澤 孝夫(林学院S58)
 東京支部
  現代議員 山本 賢(農工S43)   新代議員候補  畠山 晃(林S40)
 山梨県支部
  現代議員 小林 均(林S55)    新代議員候補  依田 健人(製糸S57)
 長野県支部
  現代議員 飯島 章彦(植防S50)  新代議員候補  中山 武幸(環保S58)
 山口県支部
  現代議員 西山 貴史(応化H15)  新代議員候補  佐藤 龍一(化シスH24)

⑤ 理事長・副理事長及び常務理事の任期延長
 通常、第55回通常総会において選出された理事の中から、会長が新たな理事長・副理事長及び常務理事を指名しなければならない。平成30年10月1日に新体制の一般社団法人としてスタートするので、残り4ヶ月の期間の体制について、以下のことを提案する。

 現在の常務理事の任期を平成30年9月30日まで延長する。
  (現行体制については、参考資料6参照)

⑥ 設立時社員・設立時役員・法人化後の運営委員及び選挙管理委員の選任
 一般社団法人化移行に伴い、設立時社員・設立時役員・運営委員及び選挙管理員候補として以下の方々を提案する。

設立時社員 :   能條 武夫  (繊高S48) 現会長
          田谷 一善  (獣医S46) 現副会長・獣医学部会長
          澤田 孚夫  (機械S40) 現副会長・機械システム工学部会長
設立時役員(任期:平成31年度総会終結の時まで)

  理事 :    安藤 俊幸  (蚕糸S49) 現蚕糸生物部会
          柿内 久弥  (農化S54) 現農芸化学・応用生命化学部会
          本山 芳裕  (林  S48) 現林学部会
          千田   武   (繊高S46) 現繊維・有機材料部会
          高野 文夫  (化工S51) 現化学工学部会
          加藤 美治  (MOT H21) 現MOT部会
          滝山 博志  (化工S62) 現理事長
          千年  篤   (農  S58) 現副理事長
          桑原 利彦  (生機S57) 副理事長候補者
          三宅 信行  (環保S55) 現広島県支部長
          栗原   績   (農工S42) 現静岡県支部長
          河野   詵   (獣医S45) 現山形県支部長
          村松 梅太郎  (獣医S39) 現栃木県支部長
          馬場 信行  (林  S35)  現東京都支部長
          佐々木 良和  (農工S39) 現大阪府支部長
  監事 :    畑  泰之  (繊工S37) 現監事
          加藤  誠   (農工S44) 
          鈴木 創三  (農  S47) 現常務理事 
選挙管理員(任期:第55回総会終結後~2020年度総会終結の時まで)
  委員長
          峰松 敏夫  (農  S47)
  委員    
          肥土 邦彦  (農  S48)
          菅野 茂樹  (繊高S49)
                望月 淳夫  (機械S50)

○立候補代議員の公募―――選挙管理委員長名でHP(7月末日)及び農工通信(8月発行)に公募文
○総会代議員候補者の推薦(9月30日までに)
  ―――各部会・各支部から推薦を受ける(各部会長・各部会代議員・ 各支部長・各支部代議員
○理事会(11月10日)での承認事項
 ・理事長・副理事長・運営委員の追認
 ・副理事長が理事長の代行をする場合の順位    
○副会長会議(部会長会)(11月10日)での承認事項
 ・次期会長候補者の代議員候補者としての推薦 
 ・副会長が会長の代行をする場合の順位
 ・法人化後第1回総会後の理事候補の選任(選任ルールの決定)
○支部長会(11月10日)での承認事項
 ・法人化後第1回総会後の理事候補の選任(選任ルールの決定)
○被選挙人名簿の確定
○代議員選挙(平成31年1月)


 ご質問があれば、事務局長の池谷
  ℡042-364-3328メールアドレス(info@tuat-dousuokai.jpn.org)までお寄せください。