HOME > 同窓会とは > 事業計画

平成28年度事業計画

1.第53回理事会・通常総会の開催

平成28年5月28日(土)府中キャンパスにて第53回理事会・通常総会を開催する。


議事内容は、1)平成27年度事業報告(案)、2)平成27年度収支決算報告(案)、3)平成27年度監査報告、4) 平成28年度事業計画(案)、 5) 平成28年度収支予算(案)、 6) 平成28・29年度 理事・代議員の選任(案)について、7) 平成28・29年度 理事長・副理事長・常務理事の指名について、8) 監事の選任(案)について、9)特別会員の推薦報告、10)連合農学部会の設置について、11)同窓会法人化について、12)その他、新旧理事長の退任・新任挨拶


2.平成28年度副会長懇談会の開催

平成28年11月12日(土)、府中キャンパスにて平成28年度副会長懇談会を開催する。

3.同窓会の組織と活動

部会・支部・職域組織の同窓会意識の向上と会員交流の促進を図る方策として以下のことを行う。

  • 法人化:一般社団法人への移行について、平成29年度総会で提案、平成30年度の総会で決定するスケジュールで検討する。
  • 運営経費:歳出削減に努めるとともに、会費収入が少ない予算規模での活動方針、長期的な資金保持・運用などについて検討する。
  • 会費等:入会金・賛助会費等の納付率を向上させるための方策を検討し実施する。
  • 部会の組織編成:常務理事会に加えて、副会長懇談会でも検討する。
  • 総会構成員:「東京農工大学同窓会正会員の総会構成員登録規程第2条」に基づく総会構成員の登録の増加に努める。
  • 同窓会誌「農工通信」:年2回発行を継続し、学外編集委員と共に内容の充実に努める。
  • 部会・支部活動:常務理事の部会・支部への派遣及び学術的な講演会開催支援も引続き行い、今まで派遣要請のなかった支部にも派遣する。部会・支部への新たな支援方策を検討する。
  • 同好部会:「東京農工大学同窓会部会・支部等の設置、廃止及び活動等に関する規程第2条第2項」に基づく同好部会の充実に努める。
  • 準会員への援助:準会員(学生)の勉学・学生生活に関して、学会・コンテスト・コンクール等の発表・入賞祝い、学会誌・論文誌発表等援助、優秀卒論副賞等の援助、学園祭・課外活動の援助、同窓会推薦キャリア・アドバイザー支援等の援助及び卒業・修了証書カバーの贈呈を行う。また、準会員に対して同窓会の活動を理解してもらうようなPRをする。さらに、同窓会と東京農工大学と相互に同窓会情報を共有し、就職支援等の充実を図る。
  • 同窓会ホームページ:「会員交流広場」、「ギャラリー」等の活用及び充実について更に検討を重ねる。部会・支部のホームページ立ち上げに協力し、部会・支部のホームページからリンクしてメールアドレスを登録できるようなシステムを構築する。

4.同窓会活動の課題

  • 分収林:八王子市との折衝、搬出路の検討を行う。
  • 海外支部設置:中国の大学・機関との調整およびインドネシアの支部事務局設置・同窓会開催準備等の検討を引き続き行う。
  • PR活動:同窓会紹介パンフレット(入学時及びペアレンツデーにて配布)及びホームページによるPR活動に努める。
  • 会員の動静情報整理:農工通信の未着信な会員について追跡の動静調査を行う。
  • 会員の慶弔時の表意:祝電・弔電により祝意・弔意を表する。また、本会の発展に顕著な功績があった者に感謝状を贈呈する。
  • 災害時の同窓生支援:被災状況を調査し、必要に応じて被災された同窓生の支援を行う。


5.その他

  • 校歌・寮歌のCD作成:担当者の委員会で編集・作成を進める。