HOME > クラス会便り > 卒業50年目の江ノ島クラス会

卒業50年目の江ノ島クラス会

20181029-2.jpg20181029-1.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

開催日

平成30年10月29日(月)

開催場所 江の島ニュー向洋
クラス 繊工S43
参加者

14名

報告者

佐藤 俊彦(繊工S43)

報告者コメント

繊維工学科昭和43年に卒業して以来、50年目のクラス会を平成30年10月29日に国家公務員共済江の島ニュー向洋で開催しました。
前回クラス会から20数年来の久しぶりの再会、卒業以来の初参加の人など14名出席。
皆さん古希を過ぎて、すっかり好好爺になってしまい誰だか分からない同志でしたね。
それでも面影や性格は学生の頃と変わらず懐かしい…。

宴会の2時間はアッと言う間に過ぎ、部屋の二次会も深夜まで盛り上がり大変楽しい一時を過ごしました。
次回クラス会は2020年4月下旬桜の季節に青森県むつ市下北で、大平君のお世話により「プラザホテルむつ」で開催する予定です。

以下、クラス会出席者の近況一言メモ
青木:京都工繊大で学位取得、大阪大学客員教授で研究指導。
阿部:会社技術顧問の仕事と鎌倉の地で写経、鎌倉彫などの文化生活を嗜む。
牛山:病を抱えて仕事やボーイスカウトのボランティアに励む。
大平:青森県下北のむつ卸市場の相談役で活躍中。
栗田:夫婦円満の秘訣は積極的に家事協力。
鈴木彰:毎月、沖縄石垣島の別荘でスキューバダイビングとボランティア活動。
鈴木泰彦:顧問弁理士の仕事、空手、酒は現役続行中。
松本:腰を痛めながら散歩、卓球に夢中。
森平:縫製事業のビジネスで東南諸国や中国を飛び回る。
山田:在宅の仕事を続けながらカメラやテニスを楽しむ。
山中:趣味の隠居生活を満喫中。
和田:小学生少年サッカーチームの指導者に生きがい。
佐藤雪枝:70才で特許庁を卒業し、専業主婦と趣味の両立。
佐藤俊彦:水耕栽培で「うまみ野菜」の開発。全員一致?によりクラス会終生幹事を拝命。
欠席者
禿:元気です。皆さんによろしく。
旧姓小林祥子:皆さんによろしく。軽井沢の別荘で一人暮らし。
滝澤:皆さんに会いたいが仕事休めません。東青梅の自宅で蕎麦屋「雲水」営業中。
計報:瀬戸山幸一君、昨年10月1日逝去。クラス会を一番楽しみにしていました。

 

写真:大学1年次の農工祭の模擬店で(左)、江の島ニュー向洋の庭で(右)