HOME > クラス会便り

・クラス会会員の名簿が必要な場合は、別紙「(様式1)部会・支部・クラス会等名簿提供依頼」に必要事項を記入の上、身分証明書(運転免許証、健康保険証など)のコピーをつけて、下記同窓会事務局までお送り下さい。
・「クラス会便り」にクラス会の報告をする場合は「別紙 掲載記事」を使用して報告して下さい。幹事のコメントは200字程度で内容は自由にご記入下さい。

東京農工大学同窓会事務局

〒183-8538 東京都府中市晴見町3-8-1
TEL.042(364)3328 FAX.042(335)3500
E-mail info@tuat-dousoukai.jpn.org


生命工H19卒同窓会

22.jpg

開催日

平成30年2月11日(日)

開催場所

新宿

クラス 生命工H19(院H21)
参加者

21名

実施事項 親睦、近況報告、クイズ大会等

幹事・報告者

宇根内 史、熊谷 丈範、森田 陽 ほか(いずれも生命工H19、院H21)
報告者コメント

学部卒業後11年間で初めての同窓会は、お子さん連れも含めて21名が参加し大いに盛り上がりました。
歓談で互いの近況を報告した後、今昔の東小金井に関するクイズなども実施し、当時からの変貌に驚きつつ往時の学生生活に思いを馳せました。次回の開催を約束してお開きとなりました。
二次会も大いに盛り上がりました。
それぞれの活躍を願っています。また集まりましょう。

 

半世紀ぶりの農業問題研究会

21.jpg

開催日

平成29年10月21日(土)

開催場所

川越湯遊ランド

クラス 農業問題研究会
参加者

15名

実施事項 交流報告会 懇親会

幹事・報告者

板垣勝弘(農S44) 菊池 秀興(農S44) 横林和徳(農S43)
報告者コメント

 1964年は北海道の冷害。この年、冷害対策実行委を組織して、農学部近所での衣類集めや府中・調布駅頭でのカンパ活動。それを契機に、農業問題研究会を発足させた。65年は北海道広尾町、66年長野県の佐久、67年栄村に調査や「援農」に出かけた。その時農家に分宿し寝食を共に。現地の公民館や駒場寮で農家の現状や自分たちの生き方も含め語り合った仲間達。卒後蓄積した研究や活動のレポートを持参して当時の思いを胸に農業・教育問題共有の道を語り合った。
 

 

「旅と鉄道研究会」臨時部会 

tetsudo.jpg

開催日

平成30年2月3日(土)

開催場所

新橋駅近く「新時代」

クラス 旅と鉄道研究会 S55~
参加者

5名

実施事項 昭和50年代後半「旅と鉄道研究会」臨時部会(親睦会)

幹事・報告者

別当 正浩(製糸S60)
報告者コメント

 不定期で親睦会を行うことから臨時部会と称して、昭和50年代後半に活動していた「旅と鉄道研究会」の親睦会を実施しました。
 数年振りの開催となりましたが、第5期小野瀬部長の号令の下、「旅と鉄道研究会」に相応しく新橋のSL広場に18時集合して、SLの汽笛を聞いた後、電車の通過音が響く新橋のガード下の居酒屋で交流を深めました。
 今回は5両編成(5人)と短い編成ではありましたが、30年振りにグリーン車(女性部員)が連結され、最後まで華やかな部会となりました。なお、当時第6期(S58)で23名の部員が所属しており、彼女を含む2名の女性部員が入ってくれたのは、初めてでした。次回の臨時部会が楽しみです。

 

植防S41・42同期会

19. 植防S41.42同期会.jpg

開催日

平成29年10月22日(日) 

開催場所

宮城県松島町パレス松州

クラス 植防S41・42
参加者

15名

幹事・報告者

幹事    森川 靖(植防S42)・ 報告者    上原 武志(植防S42)
報告者コメント

 植防同期会は平成21年からほぼ毎年実施。平成29年は宮城県松島町での開催となったが、あいにく台風21号と重なり参加者は総勢15名(41年卒7名42年卒8名)でした。それでも先輩、後輩交えての情報交換宴会となり、楽しいひと時を過ごすことが出来ました。翌日は、台風の為、午前中仙台駅発の新幹線以外は不通との事で仙台駅までホテルのバスがピストン輸送。台風の中でのクラス会という珍しい体験をしましたが、植防同期の結束は固く、来年の再会を誓い仙台駅にて解散致しました。

 

農学科昭和23年 最後のクラス会

S23A同窓会(1).jpg

開催日

平成29年11月26日(日) 

開催場所

中野サンプラザ・20階「なかの」

クラス 農学科 甲・乙
参加者

8名

幹事・報告者

青木 茂(農乙S23)
報告者コメント

 私たちの学年は昭和20年の入学です。卒業時は甲乙クラス併せて129名という大人数であった。終戦後、陸軍士官学校・海軍兵学校を代表とする復員学徒を、当時の小出満二学長は「国のために尽くされた優秀な学生であるから希望者は全部編入する」との方針を取ったという終戦秘話もある。が、卒寿の今日、出席できたのは8名となってしまった。
 年々出席者が減っていくのは仕方ないことだが、これでクラス会は終了としたい。おそらく平均90歳は同窓会の最年長記録ではないかと思う。

 写真前列右から 松村 進・芦川孝三郎・青木 茂・坂本正巳
 後列右から 中村安岱・臼井千秋・中島哲郎・吉川正巳

 

 

機械工学科三期生(昭和40年卒)同期会

17.機械.jpg

開催日

平成29年10月19日(木)

開催場所

銀座「吉乃翔」

クラス 機械S40
参加者

22名

幹事・報告者

松本 喜晴(機械S40) 
報告者コメント

 平成18年から幹事役が7つの研究室持ち回り制となったので毎年開催が続いており今年が12年目で一回り半を過ぎました。
 今回は澤田孚夫元教授より「ニュートン力学から変形する物体のシミュレーションへ」と題する高尚な講話をして頂きました。
 引き続き男性の平均寿命が80歳を超えた昨今、ほぼ全員が後期高齢者入りとなって、話題は平均余命12年を如何に全うするかで盛り上がりました。
 そして、現在難病で闘病中の級友にエールを送りつつ散会になりました。

 

S46林学科・定例クラス会

20171117農工大林科定例クラス会.jpg

開催日

平成29年11月18日

開催場所

東京都港区西新橋3-17-1(魚串・然)

クラス 林S46
参加者

21名(21/27で出席率:78%)

実施事項 2018年5月の宿泊クラス会について

幹事・報告者

横堀 誠・和田 均(林S46)
報告者コメント

 今回も欠席理由のある6名以外の21名が出席し、盛会でした。来年の宿泊クラス会は、渡邉敞さんのご協力で、2018年5月10日(木)~11日(金)に、母校見学後、青梅市「かんぽの宿・青梅」に宿泊、2日目は青梅線を利用して移動後、渓流沿いを散策する案が決まりました。恒例の近況報告では、本人や家族の病気の話が増え、健康対策の議論が多かったようです。写真は前列左端から渡邉、福士、川添、稗田、半田、鈴木、大島、佐野、和田、中列は高橋、後列は渡部、大越、三浦、川口、湯本、大野、井上、島村、石井、松本、横堀です。 

 

農業生産工学科S40クラス会

15.生産S40.jpg

開催日

平成29年10月2日(月)

開催場所

熱海温泉 大月ホテル「和風館」

クラス 農工S40
参加者

11名

実施事項 祝 後期高齢者の仲間入り

幹事・報告者

平林 弘義
報告者コメント

 秋の気配を感じる10月初旬、初めて一泊にてのクラス会を、熱海温泉は老舗旅館{大月ホテル「和風館」}にて行いました。今年で皆、元気に後期高齢者の仲間入りし、節目の記念すべきクラス会となりました。
 残念ながら体調不良・不都合等で、連絡可能者23名中、出席者11名と半数の参加となりましたが、ひと風呂後の宴会は、各々の近況、連れ合いとの事などで盛り上がり、少人数ながら密度のある内容となりました。
 部屋にての2次会は、農工大ブランド「賞典禄」を味わいながら、学生時代の秘話、衆議院議員選挙、北朝鮮問題などトークバトルが夜遅くまで繰り広げられました。
翌朝食後、次回のクラス会を確認し、元気にて再会を約し散会しました。

 

学友会ヨット部創部50周年総会

14.農工大ヨット部.jpg

開催日 平成29年11月26日(日)
開催場所

銀座PPサロン 

来賓

第3代顧問 國眼考雄先生

第5代顧問 鈴木創三先生

東京農工大学職員 坂場肇様

参加者

44名(来賓3名、OB・OG36名、現役5名)

実施事項 11/26(日)銀座PPサロンにおいて東京農工大学学友会ヨット部創部50周年の記念総会を行いました。ヨット部は2012年に部員0、廃部の危機を迎えましたが、大学の理解と支援の下、OB・OG有志が集まり、新入生勧誘活動を行って現在は部員9名まで復活、創部50周年の総会を迎えるにいたりました。総会には第3代顧問の國眼先生、第5代顧問の鈴木先生、廃部危機当時ご支援頂いた坂場様にご来賓としてご列席頂き、OB・OG36名及び現役部員5名、計44名が出席致しました。 

報告者

伊藤貞一(植防H5)
報告者コメント

2012年廃部の危機を迎えていたことから、総会を開催できたのは約10年ぶり。先ず前回総会以降、鬼籍に入られたOBに黙祷を捧げ、OB会長よりご挨拶、続いてご来賓のご挨拶を頂きました。ヨット部の活動にご理解とご尽力を頂いた國眼先生、鈴木先生、坂場様にご列席頂けたのはOB会としても有り難いものでした。宴席では出席した全OB・OGが挨拶を行い、創部時代の苦労話、悪天候下でのサバイバル談、全盛期(関東学連で上位に食い込んでいた頃)の思い出、2012年廃部危機から復活の歩み等の話で大変盛り上がりました。 記念撮影と最後に新しい部旗をOB会長より主将に手渡しし、盛会のうちに終了致しました。次回51周年総会は2018年11月18日を予定しております。

 

 

東京農工大学 農薬・欅会

2017年農工大農薬欅会写真.jpg

開催日

平成29年11月18日(土)

開催場所

東京農工大学50周年記念ホール

参加者

70名

実施事項 親睦、近況報告、情報交換

幹事・報告者

海野 大(農学院H16)、巴 なつみ(有材H16)、岡本 泰樹(植防院H21)、名倉 正彦(生シ院H9)
報告者コメント

 本会は農薬関連(官公庁・法人、研究教育機関、農業関連組織、企業等)の業務に就く卒業生や先生方の親睦を図る会です。現在では300名を超える卒業生が名を連ね、2年ぶりに開催されました。
 大学の変貌には目を見張るものがあり夏目雅裕先生から頂いた大学の近況の説明も興味深いものでした。
 歓談の後、農工大に関するクイズ大会では新旧の会員がチームを組んでの対戦。優勝チームには農工大ならではの賞品が贈られました。
 農薬・欅会は同じ業界で業務に励む卒業生が組織の垣根を超えて集える場です。今回残念ながら参加できなかった皆様も次回の参加をお待ち致します。

 

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11