HOME > 部会・支部活動 > 部会・支部便り

部会総会・支部総会等を開催した際は「実施報告書」に写真を添付の上、 メールで同窓会事務局(info@tuat-dousoukai.jpn.org)までお送り下さい。

山口県支部総会【令和元年7月28日(日)】

開催場所 : 紫水園(周南市)
参加人数 : 14名    本部派遣: 桑原 利彦 先生

実施事項

派遣理事によるミニ講演会、支部総会、懇親会

幹事のコメント

 令和最初の支部総会は、周南市の西端に位置する湯野温泉での開催となりました。
まず、「地球を救う塑性学の理論と実際」と題して本部副理事長の桑原先生によるミニ講演会が行われ、自動車の部品を例に金属の塑性についてわかりやすく説明していただきました。
 講演会後は御当地名物の温泉(泉質:含弱放射能硫黄泉、効能:高血圧、リュウマチ性疾患、糖尿病、皮膚病など)を堪能しました。温泉に浸かり、のどが渇いたところで支部総会・・・、いやいや、我慢できずに懇親会に突入、のどを潤しながらの総会となりました。講演を引き受けてくださった桑原先生をはじめ、集まった支部会員の方にも満足していただけたと思います。
 老若男女を問わず楽しめるのが当支部です。山口県出身者・在住者の積極的な参加をお待ちしています。

岡本 賢一(植防H4)33.jpg

横浜会総会【令和元年7月27日(土)】

開催場所 : 華正棲本店
参加人数 : 7名    本部派遣: 無し

実施事項

2019年度横浜会総会

幹事のコメント

 当日、会長以下7名が出席し定刻に横浜会総会が開かれた。最初に児玉会長の挨拶があり、その後以下の議題が審議されそれぞれ承認された。

(1)平成30年度決算報告、(2)平成30年度監査報告、(3)本部総会出席者による本部総会報告、(4)支部役員の変更、新支部長 草野洋一氏 (旧児玉満男氏)、新常任幹事 向恒雄氏 (旧松島稔氏)
 総会後、懇親会が開かれ児玉氏から現官房長官及び「韓国反日主義の起源」の著者松本厚治氏との交遊について、草野氏から音楽・海外旅行などの趣味に関する興味深い所感表明があった。その他出席者から昭和・平成の横浜地区のシルク産業の盛衰に関する貴重な体験談を聞くことが出来た。

松島 稔(製糸S37)

20190808141842-0001.jpg

熊本県支部総会【令和元年7月27日(土)】

開催場所 : KKRホテル熊本
参加人数 : 24名    本部派遣: 鈴木 創三 先生 

実施事項

同窓会本部 第1回定時総会(2019年度)の概要報告
平成30年度熊本県支部会計報告
熊本県支部会員の動きについて報告

幹事のコメント

 鈴木先生より、大学の近況や御自身の研究内容など紹介していただきました。先生のユーモアを交えた話題に、参加者からは終始笑いが絶えませんでした。
 出席者24名の会員が出席し、盛況な総会、懇親会となりました。
 支部会員の掘り起こし策として2年前から行っている県内在住会員宛ての総会案内ハガキ送付により、新たに1名が入会されました。最近入会した会員からは、「突然案内ハガキが届いて驚いたが、熊本県支部の存在を知り参加できて良かった」との話も聞けました。
 また、昼間の総会・懇親会の開催にもかかわらず、本年度も多くの会員が二次会へと繰り出すなど、たいへん盛り上がったようです。
 来年もまた、多くの支部会員が元気に出席いただけることを祈念しています。

永山 裕治(環保H1)

43k.jpg

埼玉県支部総会【令和元年7月27日(土)】

開催場所 : パイオランドホテル
参加人数 : 31名    本部派遣: 渡辺 元 先生

実施事項

令和元年度総会及び懇親会

幹事のコメント

 令和元年7月27日に、支部会員30名及び本部理事の渡辺 元先生に御出席を賜り、令和元年度埼玉県支部総会を開催しました。
 総会では、平成30年度事業報告並びに決算報告、令和元年度事業計画並びに予算案について審議され承認されました。
 総会終了後の懇親会では、渡辺先生から大学の近況を詳しく御説明いただきました。参加者からは、今の農工大はとても、きれいになった。当時は、あまりきれいでなかったが、そこが農工大の良さでもあった。あの学食はどうなったのかと、懐かしい学生生活の話に盛り上がり楽しい時間を過ごしました。
また、支部長から農工大同窓会は一般社団法人になり、支部の重要性も増したことから、総会だけでなく、他の活動についても検討していこうと提案がありました。

 竹詰 一(農学H2)

11.saitama.jpg

宮城県支部総会【令和元年7月6日(土)】

開催場所 : ホテル白萩(仙台市)
参加人数 : 16名    本部派遣: 野村 義宏 先生

実施事項

支部総会、派遣理事による講演会、懇親会

幹事のコメント

  常連を中心に例年より少ない人数での開催となりましたが、今回は、東日本大震災からの復興に向けて富山県から宮城県に職員派遣され、最大の被災都市である石巻地域の復旧・復興に携わっている富山県支部会員の方にもゲストとして参加いただきました。

 また、本部からは、その石巻出身で本県の震災復興にもご協力いただいている野村義宏教授にお越しいただき、大学の近況等お話を聞かせていただきました。

 ほとんどの方が懇親会では物足りず、2次会まで参加し、最後まで話が尽きない会となりました。

大類 清和(林H2)

06m.jpg

東京都支部総会【令和元年6月29日(土)】

開催場所 : 東京農工大学工学部内  グリーンホール
参加人数 : 6名    本部派遣:亀山 秀雄 先生

実施事項

・東京農工大同窓会 東京都支部総会:事業報告 会計報告 事業計画
新役員承認:馬場信行支部長(林S35)より下記の様な役員変更予定の提案があり承認された。
 支部長:馬場信行、副支部長:栗原 知、代議員:大井行史、菅野茂樹
 会計:蓮尾純子 連絡員:稲田真樹子

幹事のコメント

・東京都支部の活性化のために下記を検討する。
①ホームページの立ち上げ:2020年1月のオープンを目標とし準備段階に入る。
②都内に拠点を置く同好部会との連絡を密にする。
・東京農工大同窓会東京都支部では、毎月第3火曜日18時から定例会合として「けやきクラブ」を開催している。

開催場所:新宿駅東中央口ライオン会館  ビヤホールライオン(地下1階)

栗原 知(林学S47)

image1.jpeg

イノベーション研究会【令和元年6月29日(土)】

開催場所 : 東京農工大大学工学部内  グリーンホール
参加人数 : 35名(イノベーション研究会調べ)    

実施事項

・第4回イノベーション研究会:車社会の問題解決を目指して(講演及びデモンストレーション)
講演者:東京農工大学大学院教授  毛利 宏氏
    東京農工大学大学院准教授 和田 正義氏
主 催:東京農工大同窓会イノベーション研究会 東京農工大同窓会東京都支部

幹事のコメント

・第4回イノベーション研究会では、“車社会の問題解決を目指して”をテーマに、毛利先生による「ヒューマンエラーの原因を探る(ドライブレコーダーを用いた交差点事故の要因分析)」及び和田先生による「ジョイステックで運転する自動車の開発(未来の車?いえ、もう走っている福祉車両です)」の講演が行われた。
各講演後、シミュレーター体験(毛利先生)とデモカーに乗車しての体験(毛利先生)が実施された。
・懇親会は大学生協会場で開催され、参加者の方々との懇親及び名刺交換が行われた。

イノベーション研究会会長 菅野 茂樹(繊高S49)

20190629.jpg

MOT部会総会【平成31年4月20日(土)】

開催場所 : 東京工業大学田町キャンパスイノベーションセンター
参加人数 : 34名    本部派遣 : 亀山先生

実施事項

1.基調講演「グリーンインフラにはどんな魅力と意義があるのか―経済学の観点から」 慶應義塾大学経済学部 教授 大沼 あゆみ 氏

2.MOTサロン10年振り返りと同窓会総会 東京農工大学MOT 修了生(3期) 加藤 美治 氏

3.開会の挨拶  東京農工大学MOT 初代研究科長 古川 勇二 氏

幹事のコメント

今回は古川先生を発起人とし、MOTサロンの100回記念イベントとして開催いたしました。多くの皆さまの参加を頂き感謝いたします。1期生修了後に継続した勉強の場として始まったMOTサロンですが、これまで継続できたのは、講師となって頂いた先生方、会に参加して頂いた皆さまのお蔭です。改めてお礼を申し上げます。今後とも、新たな気づき、出会い、活力を得る場として継続していきたいと考えております。皆さまのご参加をお待ちしております。

 加藤 美治(MOT H21)

MOT.jpg
 

富山県支部総会【平成31年3月9日(土)】

開催場所 : しゅん家(富山市新富町)
参加人数 : 12名    派遣理事: 滝山博志 理事長

実施事項

総会及び親睦会

幹事のコメント

 平成30年度の富山県支部総会を滝山博志理事長をお迎えして開催しました。
 総会では、平成30年度収支決算報告承認が議決された他、滝山理事長から東京農工大学が企業からのイメージが大変良いこと、そして大学院の農学府が1専攻に、工学府が新6学科になることをご説明いただいたほか、農工大学という名前を体現する農学と工学が繋がる卓越大学院プログラムに採択決定したとのことで、益々農工大学の今後が楽しみになるお話を伺い、卒業生として誇らしく、そして今後の農工大学と後輩たちの活躍に胸が躍る気持ちでした。
 懇親会でも、互いの近況を含めた多種多様な話題で大変盛り上がった懇談となりました。特に今年は、参加者の中に滝山先生の授業に出ていた若い世代もおり、当時の思い出話にも花が咲き、懐かしさを感じる雰囲気が懇親をより深めてくれました。これからも幅広い世代からの参加していただけるよう工夫してまいります。

飯野 師(地生H18)

16.jpg

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11