一般社団法人 東京農工大学同窓会

サイトマップ・個人情報保護方針

開催場所 : 山口市菜香亭
参加人数 : 8名    派遣理事: 滝山 博志 理事長

実施事項

派遣理事によるミニ講演会、支部総会、懇親会

幹事のコメント

 今回の支部総会は、山口市にある山口市菜香亭で開催しました。ここで山口市菜香亭について少し紹介しておきます(わたくし山口市民ですから)。山口市菜香亭は、料亭菜香亭の建物を移築したもので、明治10年に創業し平成8年の休業まで山口の迎賓館として、名付け親である井上馨の他にも伊藤博文、木戸孝允、山縣有朋らの元勲のほか、内閣総理大臣経験者である田中義一、岸信介、佐藤栄作らがひいきにしたとされ、様々な貴紳をもてなした由緒ある建物です。

 ということで、本題に入ります。まず、本部理事の滝山先生によるミニ講演会ですが、最初に、支部からのリクエストで、中央教育審議会が文部科学相に答申する「2040年の大学のあり方」の大学側としての考え方について説明していただきました。続いて、大学の近況や同窓会の一般社団法人化について、さらに、「塩作りと医薬品結晶製造の意外な接点」と題して、塩を題材に結晶についてわかりやすく説明していただきました。塩の水溶液を冷却するとどうなるか、先発薬と後発薬の違いについての説明は、特に印象に残りました。

 総会では支部推薦代議員候補者について諮り、支部長の松村さん(工化S46)と、現代議員の佐藤さん(化シスH24)を候補者として推薦することになりました。
懇親会では昔話に花が咲き、大いに盛り上がりました。講演を引き受けてくださった滝山先生をはじめ、集まった支部会員の方にも満足していただけたと思います。
 老若男女を問わず楽しめるのが当支部です。山口県出身者・在住者の積極的な参加をお待ちしています。

岡本 賢一(植防H4)