一般社団法人 東京農工大学同窓会

サイトマップ・個人情報保護方針

 

同好会だより

2021年度活動報告【農工大同窓会イノベーション研究会(略称名:ND-イノ研)】第6回イノベーション研究会 ウェブ講演会 

開催日 令和3年6月26日(土)13:00~16:00
開催場所 ZOOM開催(但し、事務局は50周年記念ホールに置く)
本部派遣 池谷紀夫 同窓会事務局長
参加者 45名
実施事項

第6回イノベーション研究会 ウェブ講演会
~新型コロナウイルス「COVID-19」最先端学術研究~

第1部 基調講演
「新型コロナウイルスを制するための正しい知識(総論)」
 講師:水谷哲也氏 農学部附属感染症未来疫学研究センター長・教授

第2部 専門講演
「新型コロナウイルスの感染を阻害する物質の探索」
 講師:大場真己氏 農学部附属感染症未来疫学研究センター・特任准教授
「気相中のウイルスを検出する新技術の開発」
 講師:池袋一典氏 工学研究院 生命機能科学部門・教授

第3部 質疑応答・補足
モデレータ:大谷明子氏 農学部附属感染症未来疫学研究センター

報告者 稲田 真樹子(地生H17、自然院H19)
報告者コメント

 昨年に続き、2度目のZOOMによるオンライン講演会を実施しました。
「ウイルスと細菌の違いとは?」という誰もが一度は疑問に思う基礎的な話から、専門的な最先端の新型コロナウイルス学術研究までという幅広い話題の講演に、視聴者からの質問も多数寄せられました。
 ご聴講いただきました皆さま、ならびに講演会の開催にご協力いただいた先生方と司会を務められた大谷様に、心よりお礼を申し上げます。

▲ページTOPへ

 

2020年度活動報告【東京農工大学技術士会】

開催日時 :  令和3年1月24日(日) 15:00~17:00+WEB懇親会  
参加人数 : 24人、委任状11人(名簿上総会員数78人、休止会員21人)

実施事項

開会挨拶:松井英輔会長
議事: 
 ①報告事項:会員動向報告、現状78人
 ②活動報告:前回の例会(2019秋)よりの活動を紹介。
 2019.11.9:技術士会例会:工学部2階ホール
 2019.11.30:大学技術士会連絡協議会出席3名
 2019.12.20:農工大学公務員セミナー参加3名
 2020.10.17:東京大学赤門技術士会参加、1名
 2020.12.03:WEB総会のためのリハーサル実行、7名
 ③役員改定提案:新たに熊坂氏役員就任、承認された。
 ④会計報告:別途紙面にて報告。
講演 
 ①新家達弥氏:「ロボットバランサー協調組み立てシステム」
 ②奥山正樹氏:「環境技官としての仕事、岐阜・屋久島・奄美」
閉会挨拶:東田英毅氏
WEB懇親会:参加人数17名、司会:熊坂治氏
 参加者の近況を一人60秒で紹介、その後2パーティに分かれ懇親会、15分後にチームはシャッフルされて懇親会を再開。最後に全員で再会を期して散会。18:15頃終了。

副会長 吉原 伊知郎(化工 S51)

▲ページTOPへ

 

2020年度活動報告【地域再生・地域活性化に東京農工大学の知的資源を活かすネットワーク】

 新型コロナウイルス感染症の蔓延への対応で、本年度の本会総会及び会員の交流事業等については、中止及び次年度開催に変更した。

(1)総会及び講演会開催について、長塚隆会員よりオンライン会議の提案があり、その可能性を検討、4月24日に長塚会員をホストとするZoom会議を開催、次年度の活動方針等を検討することにした。
(2)次年度に延期した活動
①講演会と懇親会
講師:阿部治氏(立教大学社会学部教授、本学環保S54卒、本会会員)
阿部会員は、「国連SD(持続可能な開発のための教育)の10年」の提言・取組や日本をハブとした環境、教育国際ネットワークの構築などを通じて日本の環境教育の国際化ならびに世界の環境教育の発展に大きく貢献したことが評価され、日本自然保護大賞2020【特別賞】を受賞された。本会として、SDGs(持続可能な開発目標)に関わる、自然保護や生物多様性について、国際的な視野での講演をお願いした。(前年度開催予定であった)
②次世代グループ(S54~S60卒)との交流会
これまでの本会の活動を振り返り、次世代グループとの交流を通して、本会のあり方をあらためて見直す機会にする。
③「風の記録」第二集の編纂委員会を立ち上げ、編集方針を決める。
以上

淵野 雄二郎(農学S43)

▲ページTOPへ

 

2020年度活動報告【農工大支援ネットワーク(AT-Netz)】

【農工大支援ネットワーク(AT-Netz)】

2020年度は、コロナ禍によって活動ができず、これまでの活動を振り返る機会として、「向友会」と活動のまとめ、ディスカッションを行い、今後の活動に備えた。
・会社・工場見学会; 学生の就活支援として、見学と共に見学先企業の農工大卒先輩社員との懇談会を開催(この懇談会が好評)。
2013年~2020年/14回、参加者数は、10~25人/回、 
・学生とOB・OGとの交流会; 学生の社会適用性(就職も含む)支援のために「働くとは!」をテーマにOB・OGによる講演会、懇親会の開催。
2015年~2018年/4回、参加者数は、18~25人/回
【活動に関するディスカッン】 (詳細は割愛) ・活動で得られた知見、・全体的な感想(課題も含む)、・今後への対応などを議論し、今後の参考にする。
 なお、活動経緯と意見交換の詳細は別途、 レポート「これまでの活動」にまとめた。

深水 智明(繊工S38)

▲ページTOPへ

 

2020年度活動報告【農工音楽祭】

令和21122日(土)に第9回農工音楽祭をオンライン農工祭HPを利用し、オンラインにて開催しました。第9回農工音楽祭 | 東京農工大学 2020年度「農工祭」 (nokofes2020.com) 

音楽を通した交流を目的に、教職員・学生・OBOG他が動画で出演し、一般の方もオンデマンド視聴されました。参加団体は以下の通りです。

 1.学生サークル 「歌研究会」

永嶋正規 - YouTube 外山正規 - YouTube 金井正規 - YouTube

2.教職員バンド 「ありんこの家」

ありんこの家 Spain - YouTube ありんこの家 Invitation - YouTube

ありんこの家 NightBirds - YouTube

3.OBOGグループ 「Nob&Mary」

Butterfly/Kid on the Mountain(演奏動画) 20201031 - YouTube

Return from Helsinki 20200926 ソファver - YouTube

Homers reel/Lunchtime boredom (Guidewires) 20201031 - YouTube

The Butlers Of Glen Avenue/Sliabh Russell/Cathal McConnell's (Lunasa) 20190825 - YouTube

The backs of oranmore/Come west arong the road 20201031 - YouTube

Railway polka (Tricolor) 20201031 - YouTube

満ち潮の夜/ZABADAK 20201102 - YouTube

4.OBバンド 「魂のライブ」

魂のライブ - YouTube

5.留学生グループ 「Citizens of the Earth」

Tsubasa o Kudasai - YouTube

▲ページTOPへ

 

2020年度活動報告【農工大同窓会イノベーション研究会(略称名:ND-イノ研)】第5回イノベーション研究会 ウェブ講演会 

開催日 令和2年11月28日(土)
開催場所 ZOOM開催(但し、事務局は50周年記念ホールに置く)
本部派遣 池谷紀夫 同窓会事務局長
参加者 52名
実施事項

第5回イノベーション研究会 ウェブ講演会 

森林の未来は、都市の未来
~気候変動による災害など都市問題の解決を目指して~
第1部  東京農工大地域生態システム学科の教授・准教授陣によるリレー講演
    「地球環境変化と森林の役割・課題(概論) 戸田浩人氏 
    「近年の豪雨災害について」白木克繁氏 
    「気候変動が身近な動植物に与える影響について」小池伸介氏 
    「林業の環境負荷と木質バイオエネルギー利用」岩岡正博氏 
    「気候変動とHWP(伐採木材製品)」加用千裕氏 
第2部
ゲスト講演 「70年の植林活動と環境文化創造に関わる一貫教育」
講師:鈴木康平氏 自由学園環境文化センター次長
第3部
パネルディスカッション モデレータ:佐藤留美氏 特定非営利活動法人Green Connection TOKYO代表理事

報告者 蓮尾 純子(林学S47)
報告者コメント

 初めてのZOOMによる講演会で、ネット環境に疎い報告者ははらはらするばかりだったが、講師の先生方をはじめ主催者側も手慣れて、これほど時間にぴったりの進行も珍しいと思うほど。内容も濃いもので連携がとれてわかりやすかった。自由学園の鈴木先生の70年にわたる実践、植林や造林から製材、6年間使用する机作りまで生徒さんが行われるというお話はとてもよかった。日本産の材を国内消費に乗せる糸口が見えるとありがたかったが、社会・経済・行政の問題で踏み込みにくい課題であろう。

▲ページTOPへ

 

2019年度活動報告【地域再生・地域活性化に東京農工大学の知的資源を活かすネットワーク】
【地域再生・地域活性化に東京農工大学の知的資源を活かすネットワーク】

 2019年度の当部会の総会・懇親会は3月28日に実施する予定であったが、新型コロナウイルス感染症への対応で開催を見送り、総会議事内容についてはメールで審議することにした。

総会議事
(1)これまでの当部会の懇話会報告
(2)次世代グループ(S54~S60卒業生)との交流会
(3)会員以外にも呼びかける講演会等の検討
【2020年4月以降に予定する講演会】
 講師:阿部治氏(環保S54)(立教大学社会学部教授、本会会員)
阿部治氏は、「国連ESD(持続可能な開発のための教育)の10年」の提言・取組や日本をハブとした環境、教育国際ネットワークの構築などを通じて、日本の環境教育の国際化ならびに世界の環境教育の発展に大きく貢献したことが評価され、日本自然保護大賞2020【特別賞】沼田眞賞を受賞されました。本会として、SDGs(持続可能な開発目標)に関わる、自然保護や生物多様性について、国際的な視野での講演をお願いすることにしました。
以上

淵野 雄二郎(農学S43)

▲ページTOPへ

 

2019年度活動報告【農工音楽祭】

【農工音楽祭】

 令和元年11月30日(土)に第8回農工音楽祭を農学部講堂にて開催しました。音楽を通した交流を目的に、教職員・学生・OB・OG他が出演し、一般の方も来聴されました。演目は以下の通りです。
1.Citizen of the Earth (留学生その他)民族音楽
2.You@me (工学部卒)ユーミン、五つの赤い風船など
3.モダンジャズ研究会 (学生サークル)Jazz
4.歌研究会 (学生サークル)Rock,J -POP
5.はいもうずRock
6.Drive Loose (教員・OB)ブルース
7.Deviban !(教員と学生)ロック
8.SKDシスターズ (教職員)昭和歌謡
9.ありんこの家 (教員他)ラテンフュージョン

佐藤俊幸(共同獣医学科・准教授)

▲ページTOPへ

 

2019年度活動報告【農工大支援ネットワーク(AT-Netz)】

【農工大支援ネットワーク(AT-Netz)】

学生の企業等社会的対応力の向上支援のため企業見学会を開催。
1.(株)リコー(海老名事業所) AT-Netz第13回企業見学会
 (見学日)2019年8月6日、(参加者数)8人、先輩社員;4人
(見学内容)会社説明、施設、オフィス等見学、(農工大先輩社員との懇談会)
 学生2~3人の小人数に分け全く自由に懇談

2.コニカミノルタ(株)(八王子サイト) AT-Netz第14回企業見学会
 (見学日)2020年2月13日、(参加者数)15人、先輩社員;4人
(見学内容、先輩社員との懇談方法の説明は、両社ほぼ同様のため割愛します。)

学生の見学感想 感想文提出 両社共に
・農工大先輩社員との懇談会が自由に気軽に多くのことを聞け、大変参考になった、
また施設をはじめ、オフィスまで直に見学でき、いろいろ考える機会になった。等々

深水 智明(繊工S38)

▲ページTOPへ

 

2019年度活動報告【イノベーション研究会】

日時 : 令和元年6月29日(土)
開催場所 : 東京農工大大学工学部内  グリーンホール
参加人数 : 35名   

実施事項

・第4回イノベーション研究会:車社会の問題解決を目指して(講演及びデモンストレーション)
講演者:東京農工大学大学院教授  毛利 宏氏
    東京農工大学大学院准教授 和田 正義氏
主 催:東京農工大同窓会イノベーション研究会 東京農工大同窓会東京都支部

幹事のコメント

・第4回イノベーション研究会では、“車社会の問題解決を目指して”をテーマに、毛利先生による「ヒューマンエラーの原因を探る(ドライブレコーダーを用いた交差点事故の要因分析)」及び和田先生による「ジョイステックで運転する自動車の開発(未来の車?いえ、もう走っている福祉車両です)」の講演が行われた。
各講演後、シミュレーター体験(毛利先生)とデモカーに乗車しての体験(毛利先生)が実施された。
・懇親会は大学生協会場で開催され、参加者の方々との懇親及び名刺交換が行われた。

菅野 茂樹(繊高S49)

▲ページTOPへ