一般社団法人 東京農工大学同窓会

サイトマップ・個人情報保護方針

 

部会・支部だより

部会総会・支部総会等の開催報告を掲載しています。部会総会・支部総会等を開催した際は「実施報告書」に写真を添付の上、 メールで同窓会事務局(info@tuat-dousoukai.jpn.org)までお送り下さい。

2020年度 2019年度 2018年度
神奈川県支部総会【令和元年11月16日(土)】

開催場所 : 横浜中華街 景珍楼新館
参加人数 : 22名    本部派遣: 伊豆田 猛 先生

実施事項

令和元年度総会、講演会及び懇親会 

幹事のコメント

 今年は横浜中華街で開催しました。本県出身である伊豆田先生をお招きし、総会の御来賓として御挨拶をいただきました。総会に続いて、伊豆田先生から本県に関連する研究について「神奈川県の森林と光化学オキシダント」と題して御講演をいただきました。

 懇親会では出席者から近況報告をいただき、出席者の活躍が披露されました。最高齢92歳の参加者のお元気な姿に皆感心しました。最後に校歌を斉唱し、盛況な懇親会となりました。

 黒澤 晃 (農学H2)

▲ページTOPへ

 

鹿児島県支部総会【令和元年11月16日(土)】

開催場所 : 寿庵
参加人数 : 18名    本部派遣: 野口 恵一 先生

実施事項

① 協議

 平成30年度事業報告及び収支決算報告について
 令和元年度事業計画(案)及び収支予算(案)について
 支部活動の検討(レクレーションについて)
② 交流会

幹事のコメント

 同窓会鹿児島県支部の令和元年度総会は野口恵一先生をお迎えして、11月16日(土)に鹿児島市で開催しました。

 今年は新会員2名の参加も含め17名(うち女性2名)の参加でした。

  総会の中で、野口先生より進化しつつある母校及び同窓会の近況について紹介して戴きました。また、支部活動を活性化しようと検討しましたが、なかなか名案は出ず例年通りのゴルフコンペぐらいでした。
 交流会では、まず出席者全員がそれぞれ近況を報告し、乾杯の後、老若男女が入り乱れて熱く語らい親睦を深め、次年度の再会を誓って散会となりました。


平 繁人 (養蚕S45)

▲ページTOPへ

 

大分県支部総会【令和元年11月9日(土)】

開催場所 : JR九州ホテル ブラッサム大分(大分市)
参加人数 : 18名    本部派遣: -

実施事項

 研修会、総会及び懇親会 

幹事のコメント

 大分県支部の令和最初の支部総会は、初めての試みとして、総会の前に、支部会員である二宮耕治氏(農学S50)が経営されている農園(大葉苗、水耕セリ、水稲など)を見学させて頂きました。二宮氏に概況などをお話しいただく中で、皆、和気あいあいの時間を過ごし、そのあとの総会と懇親会も例年以上に盛り上がりました。

 また、同窓会開催の案内状を送付する際に、諸先輩方より直筆の出席お誘いメッセージを添えるという、添え書き作戦を実施したところ、久しぶりに出席をしてくださった方や、出席できなくてもお電話をくださる方など、嬉しい反応もありました。


川ノ上 実(生産H12)

▲ページTOPへ

 

山形県支部総会【令和元年11月9日(土)】

開催場所 : ホテルメトロポリタン山形
参加人数 : 22名    本部派遣 : 淵野 雄二郎 先生

実施事項

・同窓会本部総会報告
・支部規約の改正について
・支部役員等の改選について
・東京農工大学及び同窓会の近況等について
・同窓会支部会員の活動報告
・参加者自己紹介
・懇親会

幹事のコメント

 山形県支部総会は、令和元年11月9日(土)山形市内のホテルメトロポリタン山形で開催されました。県内各地から22名の出席があり、支部規約の改正や支部役員の改選の議案が承認されました。
 議事終了後は、同窓会本部の淵野雄二郎名誉教授から大学及び同窓会の近況や欅寮の今昔について写真を交えてお話いただき、寮生OBの参加者からは、懐かしいとの声が連呼しました。
 また、河北町の和田酒造(資)の和田茂樹氏(連農H14)からは、「山形酒を世界へ!~山形県の取り組みと弊社の取り組み~」と題して、「清酒」山形が県単位で初めて地理的表示保護制度(GI)に認定されたことや、2018年に山形県で開催されたインターナショナル・ワイン・チャレンジ(IWC)で多くの賞を受賞したこと、和田酒造の酒造りや新たな取り組み等の紹介がありました。
 この他、参加者全員から近況の報告を頂いて、その後の懇親会では、和田酒造のお酒を美味しく頂きながら会員間の交流が図られ、大いに盛り上がりました。

川崎 聡明(生産H9)

▲ページTOPへ

 

青森県支部総会【令和元年11月2日(土)】

開催場所 : つかさ(青森市本町5-7-17)
参加人数 : 12名    本部派遣: -

実施事項

 ①同窓会の一般社団法人化について ②その他 その他 会員の近況報告等

幹事のコメント

北国青森の晩秋、めっきり寒くなりました。参加者は昭和52年卒業から平成29年卒業までと幅広く、総会において、同窓会の一般社団法人への移行の報告、時期支部役員の選出方針について承認されました。

続いて記念写真、参加者の近況報告、懇親の場となり会話がはずみ、あっという間に時が過ぎ、次回の再会を期して散会となりました。

白石 一志(農学 H4)

▲ページTOPへ

 

群馬県支部総会【令和元年10月27日(日)】

開催場所 : 大黒寿司
参加人数 : 29名    本部派遣: 赤井 伸行 先生

実施事項
事業報告及び事業計画。赤井准教授より本学の近況紹介
幹事のコメント
総会並びに懇親会で構成し、本学同窓会から赤井准教授を招き、本学の現状等を紹介して頂きました。昭和18年農学卒の登坂秀先輩を筆頭に、多くの同窓生に参加いただき盛会に開催することが出来ました。また、少しずつではありますが、若手の参加も増えていますので、来年度は更に参加者が増えるよう、新しく就任した山本支部長を中心に同窓会を盛り上げて参りたいと思います。
影澤 圭太(林産H3)
 

▲ページTOPへ

 

茨城県支部総会【令和元年10月27日(日)】

開催場所 : 水戸三の丸ホテル
参加人数 : 33名    本部派遣: 戸田 浩人 先生

実施事項

1.事業経過報告、収支決算について
2.支部規約の改正について
3.支部役員の改正について
4.同窓会本部からの大学の近況について

幹事のコメント

 茨城県支部の第24回総会(隔年開催)を水戸市において開催しました。

 総会では、前回総会以降の事業経過報告・収支決算のほか、同窓会の一般社団法人化に伴う茨城県支部規約の改正について承認をいただきました。
 また、総会後の講演では、お忙しい中御出席いただきました戸田浩人教授から、母校の近況や先生の研究内容について丁寧なご説明があり、出席者は昨今の母校の活躍に感心しきりでした。
 次回は、令和3年秋期に開催予定です。農工両学部から多数の同窓生の御参加をお待ちしております。

磯邉 晋吾(林学S62)

▲ページTOPへ

 

石川県支部総会【令和元年10月26日(土)】

開催場所 : ANAクラウンプラザホテル金沢
参加人数 : 19名    本部派遣 : 桑原 俊彦 先生

実施事項

①総会
②講演「同窓会の一般社団法人化と大学の近況について」
③懇親会

幹事のコメント

 例年の総会・懇親会に加えて、今年度は同窓会副理事長の桑原先生に講師としてお越し頂き、大学の近況についてご講演を頂きました。
 例年と比べて非常の多くの会員の参加があり、大いに親睦を深めることができたほか、桑原先生の講演では様々な場面における母校の活躍ぶりについて、臨場感溢れるご紹介を頂きました。会員一同、母校への想いを新たにする機会となったほか、今後とも、より多くの会員の参加を得られるよう、引き続き会の広報に力を入れていくこととしました。

濱崎 貴史(環資H15)

▲ページTOPへ

 

島根県支部総会【令和元年10月26日(土)】

開催場所 : 風のえんがわ(江津市後地町)

参加人数 : 10名    本部派遣 : ‐

実施事項

令和元年度総会 
事業計画・事業報告

幹事のコメント

 今年の総会は、東西に長い島根県の中央部にある江津市で開催しました。
そのためか?約二十何年ぶりに出席された方や初参加の方、久々となる工学部出身の方の出席もありました。会場は、多田正哉氏(獣医S36)のご子息経営のカフェレストランとして、フランス仕込みのおいしいお料理をいただきました。お料理の一品に、当日は残念ながら、出席はかわなかった「有限会社はんだ」の反田孝之氏(環・資H6)が栽培された「はんだ牛蒡」のフリットを出して頂き、その「甘さ」に皆、驚いていました。楽しい会合は、あっという間に時間が過ぎ、翌年の再会を誓い散会となりました。

松浦 史瑞(林産 H 元)

▲ページTOPへ

 

香川県支部総会【令和元年10月19日(土)】

開催場所 : リーガホテルゼスト高松 
参加人数 : 9名    本部派遣 : ー

実施事項

1 開会・支部長挨拶集合写真撮影
2 集合写真撮影
3 役員改選・新支部長挨拶
  新支部長:鳥取 康治
  副支部長:笹田 布佐子
  副支部長:友時 好敬
  連絡員:遠藤 克彰
4 次年度支部総会開催予定連絡:令和2年 10月17日
5 懇親会

幹事のコメント

 今年度は支部長を筆頭に支部役員の改選が行われ、新体制へと移行する節目の年となりました。
続いて懇親会では参加者同士の近況報告や農工大の今昔話に花が咲き、あっという間に時が過ぎました。
 来年度以降も参加者10人以上を目指して頑張りたい所存です。


遠藤 克彰(機シス H24)

▲ページTOPへ