HOME > 事務局便り > 事業計画 > 平成17年度事業計画

平成17年度事業計画

第42回通常総会・理事会の開催

平成17年5月28日(土)、本学小金井キャンパスにて第42回通常総会・理事会を開催する。議事内容は、

  • (1)平成16年度事業報告、決算報告
  • (2)平成17年度事業計画案、予算案
  • (3)平成17・18年度会長、副会長の選任
  • (4)個人情報保護に関する規則の制定
  • (5)分収造林契約延長、農工通信の発行、平成17年版名簿の発行
  • (6)その他を予定する。
同窓会組織強化、活性化および同窓会財務体質健全化

常務理事会の部制の徹底により業務執行の効率を進め、部会・支部・職域組織活動の活性化を図るために理事の積極的派遣を行い、また、副会長・支部長との懇談会開催を実施し、支部・部会還元金について検討する。収入増を図るために賛助会費増の推進や会費未納者への会費納入の督促、終身会費への切り替えを推進する。また、ペイオフ完全実施に対応するべく、定期預金を順次国債に切り替えていく。

東京農工大学同窓会個人情報の保護に関する規則の制定

同窓会として、規則・規程等と保護体制を整備し、総会での承認を得て対応していく。なお、経過措置として総会までは常務理事会の承認を得て、4月1日より対応している。

農工通信75号,76号の発行

従来通り、75号は7月1日および76号は12月1日の発行に努める。次年度以降の農工通信の発行について、年1回の発行とすることも含めて検討する。

平成17年版同窓会会員名簿の発行

平成17年11月発行を目途に制作する。

同同窓会創立50周年記念事業

創立50周年記念事業の検討を開始する。

同窓会活動とそのPR活動の充実

同窓会紹介パンフレットおよびホームページの充実を図り、PR活動に努める。

会員動静整理の継続実施

農工通信の未着信者について、追跡調査を行って会員の動静の把握に務める。

財団法人東京農工大学後援会への協力

後援会の事務に対する実質的支援を従来通り継続して行う。

母校に対する援助、新入正会員歓迎行事援助の継続実施

学生の勉学および学生生活に関して新たに学会発表補助、コンテスト・コンクール等発表補助・入賞祝い、優秀卒論副賞、課外活動補助、同窓会推薦キャリア・アドバイザー支援等を実施する。卒業・修了証書カバーの進呈は継続して行う。

会員の慶弔

祝電、弔電を打電する。

過去の事業計画