HOME > 事務局便り > 事業計画 > 平成20年度事業計画

平成20年度事業計画

1. 第45回通常総会・理事会の開催

平成20年5月24日(土)、府中キャンパスにて第45回通常総会・理事会を開催する。議事内容は、

  • (1)会則・細則の改正(案)
  • (2)平成19年度事業報告(案),収支決算報告(案),監査報告
  • (3)平成20年度事業計画(案),予算(案)
  • (4)平成20~21年度常務理事指名(案)
  • (5)平成20~21年度理事・代議員の選任(案)
  • (6)平成20~21年度監事の選出(案)
  • (7)特別会員の推薦(案)
  • (8)同窓会創立50周年記念事業の募金活動開始
  • (9)同窓会50年史発行
  • (10)会員名簿発行延期
  • (11)その他を予定する。
2. 同窓会組織の強化、活性化および財務体質の健全化

部会・支部・職域組織の活動を支援するとともに、本年度から募金活動が開始されるため各組織との連携を強め、常務理事の積極的派遣を行う。生物システム応用科学府に部会を設置する。前年度に引続き、入会金,賛助会費等の大幅な収入増をはかるための対策を推進する。また、ペイオフ対策及び更に利息による増収入をはかるため、定期預金を順次国債に切替えていく。

3. 同窓会創立50周年記念事業の推進

同窓会創立50周年記念事業会を開催して、1)小金井記念ホールの設置、2)大学50周年記念ホール(府中)の増改修、3)同窓会50年史の刊行(同窓会予算より負担)、4)学生援助の実施、5)祝賀会の挙行(同窓会予算より負担)等の募金活動を開始する。同窓各位には「農工通信79号」に案内文,趣意書,要項,振込用紙を同封し、協力依頼をするとともに各部会・支部、各クラスに協力を要請する。

4. 同窓会会員名簿の発行延期

個人情報保護法の施行以来、同窓各位からの苦情が頻繁にあること、動静調査による非掲載希望者が54%に達していること、部会・支部へのアンケート調査結果では78%が延期に賛成していること等を斟酌するとともに、代替サービスを従来どおり実施しつつ、名簿発行の在り方について検討するため、名簿発行を延期することを総会に上程する。

5. 「農工通信79号」の発行

従来の会報を大幅に刷新した「農工通信77~78号」が、会員からの評価が大変好評であったので、「農工通信79号」も前号の編集方針を基本的に踏襲するとともに、新規に「退職のごあいさつ」のコラム欄を設置することにした。

6. 同窓会PR活動の実施

同窓会紹介パンフレット及びHPの更なる充実を図り、PR活動に努める。

7. 会員動静整理の継続実施

農工通信の未着信会員について常時追跡調査を行うとともに、年度末に更に全会員に対して動静調査を行う。

8. (財)東京農工大学教育研究振興財団への協力

本財団の事務に対する実質的支援を従来どおり継続して行う。

9. 母校に対する援助、新入正会員歓迎行事の継続実施

学生の勉学・学生生活に関して、学会発表、コンテスト・コンクール等発表・入賞祝い、優秀卒論副賞等の援助、学園祭・課外活動の援助、同窓会推薦キャリア・アドバイザー支援等の予算を更に増額して行う。また、卒業・修了証書カバーの贈呈を継続して行う。

10. 会員の慶弔

祝電、弔電を打電する。

過去の事業計画